居心地良い空間を

ベビーベッドを選ぶ際に

泣きそうな赤ちゃん

赤ちゃんにとって快適な日々というのはベビーベッドの通販で決まるといっても過言ではありません。最近はかなり進化したベビーベッドがありますので、そこにはしっかりとお金を使って、赤ちゃんがすくすくと育つ環境を整えるように意識していきましょう。

ベビーベッドは、赤ちゃんが産まれてすぐに必要になるもののひとつでしょう。特に上にまだ小さなお子さんがいたり、ペットがいたりする場合は、誤って赤ちゃんを踏んでしまうなどの事故を防ぐため、ベビーベッドの必要性は高いと言えます。色々なベビーベッドがありますが、ベビーベッドを選ぶ際は、どのような点に注意すればいいのでしょうか?
まずは、ベビーベッドをどこに置くのかを考えてみましょう。ベビーベッドの大きさは一種類ではなく、小型のものや標準的なサイズのものなどから、ある程度選ぶことができます。あまりギリギりのサイズのものを購入してしまうと、赤ちゃんのオムツを換えるなどの作業がしにくくなってしまうかもしれません。ちなみに大きさだけでなく、高さにもハイタイプとロータイプがあります。赤ちゃんのお世話がしやすいハイタイプ、部屋に置いても圧迫感のないロータイプと、どちらにも利点があります。
まだ寝てばかりの赤ちゃんを載せておくベビーベッドは、安全性も重視したいポイントです。日本では、製品安全協会によって安全基準を満たしていると認められたベビーベッドのみが、販売できるとされています。安全性を保証する目印としては、「PSマーク」と「SGマーク」のふたつがありますが、両方ともついているものを選びたいものです。
いつまでそのベッドを使うのか、という点も、ベビーベッドを選ぶ際の基準のひとつになるでしょう。たとえばベビーベッドには、赤ちゃんの頃だけでなく、サイズを変えることによって、ある程度大きくなっても使えるものがあります。また、底板を外すことでベビーサークルとして使えるものもあります。
次の子が産まれた時も使いたいということであれば、折りたたんでしまっておけるタイプのものがよさそうです。このほか、価格やデザインなども、ベビーベッドによって千差万別です。ベッドを使う環境や予算など、色々な点を考えて選びたいものです。

ベビーベッド選びで押さえるべきポイント

生まれたばかりの赤ちゃんは、体力が低いこともあり眠っている時間が1日の大半を占めています。その間に母親は家事をこなしますが、赤ちゃんがいつ眠りから覚めるか分かりません。だから、赤ちゃんが起きた時に最低限の安全をするために、ベビーベッドの存在が重要になります。柵で囲まれているベビーベッドに寝かせておけば、少し目を離していても大丈夫です。ベビーベッドは育児の必需品であるため、赤ちゃんが誕生する前に購入するのが通例になっています。その時に重要なのはポイントを理解してベビーベッド選びをすることです。
まず、絶対に確認すべき点はベビーベッドの大きさです。狭い間取りなのに大きいベビーベッドを購入してしまうと、邪魔になってしまいます。マンションやアパートの様に狭い間取りで生活をしているなら、ミニサイズのベビーベッドを選ぶのが賢明です。
第二のポイントは、安全基準を満たしているベビーベッドを選ぶことです。安く販売されているベビーベッドは、粗悪な作りであることが多いと言われています。万が一、ベビーベッドが使用中に壊れてしまったら、最も危険が大きいのは寝かせている赤ちゃんです。PSマークやSGマークが付いているベビーベッドを選べば、製品のクオリティが低いということはまずありません。

ベビーベッドは赤ちゃんを快適にする

赤ちゃんを出産した母親は、なるべく負担がかからないように子育てしようと考えるでしょう。そして赤ちゃん自身もできるだけ気分良く過ごしたいと本能で思っているのではないでしょうか。まだ未成熟であることから言葉も話すことができないので、その思いを母親に伝えることができません。しかし泣いたり、声を出したりしてそのようなメッセージを発することがあります。母親としては子育てをする場合、できるだけ赤ちゃんを快適にさせてあげるような環境をつくることが大切です。
そこでベビーベッドを使用すると赤ちゃんを快適にすることができます。このベッドで赤ちゃんを寝かせることによって、空気中に舞うホコリから守ってくれるからです。人間の体にホコリが入ることで細菌が侵入します。これによっていろいろな病気につながってしまうのです。特に赤ちゃんの体は細菌に敏感なので、少しのホコリが入るだけでそのような状態になってしまう場合もあります。ベビーベッドは高い位置に寝るところがあるので、ホコリが入るのを防いでくれます。これによって赤ちゃんは快適に生活できるのです。
またベビーベッドの布団はあまり柔らかさがないので、赤ちゃんの体勢を良い状態に保ってくれます。これによって赤ちゃんも無理のない姿勢で寝れるので、快適な状態を維持できます。

RECOMMENDED POST